ホントに大丈夫?カロリミットの副作用

カロリミットが起こす副作用や、それにまつわる注意点について

 

カロリミットには副作用はない、というのが公式の見解です。

 

ただし、これは使用法を正しく守っていればの話です。当たり前のことですが、間違った使い方をすれば、副作用がないとは言い切れません。

 

そこで、副作用を防ぐための注意すべきポイントを以下にまとめました。

 

 

・カニアレルギーの人はカロリミットが飲めないことがあります!

 

カロリミットに含まれる材料の1つにキトサンがあります。このキトサンはカニ由来成分なので、カニアレルギーの人は注意が必要です。

 

キトサンのためにアレルギーが起きる可能性もあるので、カニアレルギーの人は摂取を避ける方が無難でしょう。

 

・妊娠・授乳中の女性は摂取を避けましょう!

 

先にも書きましたが、カロリミットはカロリーをカットするためのサプリです。
妊婦・授乳中の女性は子供のためにたくさんの栄養を必要とします。
でも、カロリミットでカロリーカットしてしまうと、胎児や母乳に大切な栄養分が行き渡らなくなります。これはよくありません。

 

よって、子供のために、妊娠・授乳中の女性はカロリミットは飲むべきではありません。

 

・成長期の子供の体にはよくありません

 

成長期の子供は脳や体が大きく発達する時期です。栄養を体がたくさん必要とする時期なのです。この時期にカロリーカットすることは、成長によいとはとてもいえませんね。

 

カロリミットでカロリー制限することは、成長期の子供には相応しくないでしょう。

 

・服薬中・通院中の人は使用できない場合もあります!

 

病気や怪我で服薬中・通院中の人は、カロリミットを「摂取して問題ないか」かかりつけのドクターに先に相談してください。

 

 

薬とカロリミットの飲みあわせが悪い可能性も考えられるので、しっかり確認しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カロリミットは基本的に健康な人は問題なく飲めるサプリです。

 

 

 

しかし、飲む人の体調によって副作用などが起きることも考えられます。安心して使用するために、注意点を守りながら使ってくださいね。

 

 

 

もしも不安があるときは、ファンケルのサポートを利用するのも良いですね。サポートの方が丁寧に相談を聞いてくれますよ。